フレキシブルホースの正しい取り付け方

屈曲部分にエルボを使用して、チューブは真直に取り付けてください。

過度な屈曲はチューブを痛めます。

小さな曲げ部分にはパイプを使用して、チューブは許容曲げ半径を維持してお使いください。

無理なU字S字配管での使用はチューブの寿命を著しく縮めま す。

エルボの使用と、U字配管になるようにチューブの取り付けを行います。

連続的に屈曲する箇所は、特に注意が必要です。

ホースの動きに同調する回転ローラを取り付けることにより、無理な屈曲は避けられます。

連続的な水平運動のため、チューブがねじれるような屈曲荷重は大変危険です。

半円の滑車を取付けて、許容範囲を維持して下さい。

過度な屈曲は、チューブを破損します。

ロール巻きチューブの許容曲げ半径を維持して、引っ張り方向に対して無理のない形にロール巻を立てて下さい。

ロール巻にしたホースの一方を、引っ張って使用しないで下さい。

回転ジョイントを取付けて、チューブをねじらないようにしてください。

チューブの取り付け部分に回転運動を伝えると、チューブがねじれます。

チューブの取付は、運動方向に対して常に平行になるように取付けてください。

チューブを取付の時に両端が運動方向と違った位置の場合は、ネジレを起こします。