会社沿革

1971年11月
フレキシブルチューブ及びベローズの組込み作業を主とし、資本金350万円にて創業
1973年11月
株式会社南国工業として資本金500万円にて設立
1975年3月
資本金1,000万円に増資
1976年5月
資本金1,600万円に増資
1977年4月
フレキシブルチューブ及びベローズの専業メーカーとして
イメージアップのため、南国フレキ工業株式会社に社名を改称
1977年12月
ユーザーの需要増大に対処するため、 第2工場を設け全製品の即納体制を完備
1978年8月
ワイヤーブレードマシン4基を設備
1985年1月
第2工場用地231坪を購入
1986年3月
消防危第20号に基づく可撓管継手の型式認定を取得
1986年4月
建設省(現国土交通省)仕様の防振ジョイント(NK-6300)を開発
1986年6月
ワイヤーブレードマシン2基増設
1986年8月
無溶接構造伸縮管継手(NK-7300)を開発
1986年9月
日本海事協会よりフレキシブルチューブの承認を取得
アルゴン溶接の自動化を開発(20機設置)
無溶接継手付フレキシブルチューブの新製品を開発
1987年4月
大阪府建設部指定製品の製造業者指定を取得
1989年5月
第2工場新築
1991年10月
第3工場開設
1993年4月
第4工場開設
1993年5月
全国ラセン管工業協会に入会
1993年12月
消防予第199号加圧送水装置用のフレキ認定を取得
1994年10月
クリーンチューブ発売
1996年3月
第5工場開設、バルジ成形機(MAX12B・5B 計2基)を設置
1997年1月
NK-7800(スーパー10・20)発売
1997年2月
エキスパンションベローズ成形機(φ2,000mm)を設備
1997年3月
日本水道協会給水器具(フレキシブル継手)の形式承認取得20A~50A
1997年12月
長尺造菅機(最大200A)を設備
1998年2月
品質管理課を設置
1998年12月
ワイヤーブレードマシン128打設備。
造管機0.3t~0.5t設備
1999年7月
物流センター開設
2003年3月
東京営業所開設
2003年7月
中部営業所開設
2006年5月
代表取締役社長に横枕政樹が就任
2008年3月
大阪営業所開設
2008年3月
中町工場開設
2010年3月
ISO9001認証取得
2010年4月
第8工場開設
2011年4月
北町工場開設
2011年4月
北町工場に液圧成形機を導入
2012年6月
消防評定品 PG2及びPG3を販売開始
2012年7月
九州営業所開設
2012年7月
北町工場に大型造管機を導入
2013年4月
本社倉庫開設
2013年8月
第4工場を北町工場及び第8工場に集約
2013年10月
第8工場にPTFEチューブ拡管機を導入
2013年12月
消防評定品 CT-2を販売開始
2014年2月
第3工場を北町工場に集約
2014年5月
北町工場にバルジ成形機(MAX14B)を増設
2014年7月
東北営業所開設